男性

プロの彫金師になろう|専門学校を探すときのコツを伝授

業界で必要な撮影技術

カメラ

専門学校の写真学科では商業的なフォト撮影の技術だけではなく、商品として仕上げるための編集方法など幅広い技能を習得する事が可能です。従って、専門学校のカリキュラムを修了することでプロとなるために不可欠な知識を習得することが出来るのです。

働きながら学ぶ方法

勉強

働きながら転職に向けて知識と技能を身に着けたいときには、専門学校の夜間コースで学ぶのがポイントです。トラベル系や調理系の学科などもあるので、一人一人が将来の進路を考えながら、最適なコースを選んで学べるでしょう。

正しい技術を学ぶなら

まつげ

マツエクなどを施術するアイリストには民間の検定がありますが、検定合格を目指したスクールもあるので資格を取りたいかたにはオススメです。また、将来経営を考えている人には開業を学べるスクールがピッタリです。近くにスクールがない場合は通信教育を行っているところもあるため探してみるとよいでしょう。

金具の装飾品製作を学ぶ

彫金

良い講師を見つける

金属を加工するためにある専用の工具名を鏨といい、それは鋼鉄で作られています。この鏨で金属を彫る技術を彫金といい、金具の装飾品を製作するのです。彫金の技術を学ぶには、専門学校か彫金教室で通う必要があります。教えてくれる彫金教室は、ある程度大きな都市ならば比較的容易に見つかりますが問題は最終目標によるのです。要は趣味の範囲内で学ぶのか、最終的には仕事として役立てたいのかという違いになります。趣味として身に付けたいのなら、家や職場に近いエリア内で見つけるのがお勧めです。しかし本格的にプロとしてやっていきたいのなら、確りとした知識と技術を身に付けることを考えましょう。そのために大事なのは、通う彫金教室の質の高さになります。彫金は本格的にやりはじめるのなら、色々な道具や設備が必要になりますが初心者の段階ではそんなに一度には揃えられません。中には高価な道具も多いので良心的な彫金教室ならば、必要な物は貸し出してくれるはずです。ちゃんとした道具や設備を揃えていない彫金教室は、それだけ本格的に教えてくれる技術や知識が不足していることになります。そういったところは指導者としても、力不足であったり教えること自体に不慣れだったりするので避けましょう。汚すぎたり雑然としすぎている工房というのも、問題があります。彫金の作業というのは細かくて繊細なため、工房内の整理整頓というものは職人として必要不可欠だからです。最終的には通える時間帯や、学費も考慮しなければなりませんが講師がプロとしての経験があるところを選びましょう。